ヨコハマ・ヒーリング・デンタル

歯科とホメオパシー 過敏症を考える

最近では化学物質過敏症、電磁波過敏症、食物アレルギーなど身の回りのものに対する過敏症の方が増えてきているようです。私の医院にも様々な過敏症の方が多数来院され、びっくりするような場面に幾度となく遭遇しています。

例えば、ある方は奥歯に金属の冠を装着するやいなや下唇の中央が真っ白く腫れ上がってきました。またある方は仮のプラスティックのかぶせ物をしてから体調を崩され、それを外すまで回復しませんでした。そこで患者さんと私がいろいろ話し合い共有しあえた感想を述べてみます。

現代の私達は高度に発達した文明により本来のあるべき姿(自然の状態)からかけはなれた過酷な状況に住んでいます。そして食品にしても多くの食品添加物や化学物質が使われています。また携帯電話やパソコン、地上波デジタル放送など大量の電磁波もあふれています。これらはここ10年で劇的に増加したものでしょう。

この環境の変化についていけない人間もでてきて不思議ないと思います。原発などで使う「臨界点」に私達人間もきているのではないか。そんな気がしてなりません。日々の診療を通じて世界中でおこっていることと私達の口腔や身体におこっていることが見事にシンクロしていることを感じるとともに、このままではいけないと痛切に思う毎日です。


目次