ヨコハマ・ヒーリング・デンタル

歯科とホメオパシー ホメオパシー的とは

2007年から当院はホメオパシー的歯科というコンセプトでリニューアルいたしました。最近では、何々の症状に効くレメディーが知りたいという質問が増えてきております。それはうれしい反面少し違う方向に向いているのではという危惧を感じます。そこで今回は真にホメオパシー的とはどういうことかを私なりに述べたいと思います。

患者さんのお話を聞いてレメディーを出す。または急性症状に対してレメディーを出す。どちらもホメオパシーの一部ですが、それがすべてではありません。

あえていえば、一般の歯科治療の中にも適切な時期に抜歯をしたり膿を排出させたりする行為はホメオパシー的なのです。それは「ものの道理」に沿った治療だからです。ですから安易にこれにはこれのようにレメディーを使ったりすることは全くホメオパシーではありません。

私達はどうしても言葉やイメージにとらわれがちです。そして鎮痛剤や抗生剤のかわりにレメディーを使うことをホメオパシーだと考えてしまいます。しかしそれは単なる置き換えにすぎないのです。大切なことは病気とは症状とは何かを真摯に考えた上で、真に癒されるべきは何か(センターオブザケース)をみつけることです。困難な道ですがそれ以外に真の治癒は得られないと考えます。そしてそれこそホメオパシーなのだと考えます。


目次