ヨコハマ・ヒーリング・デンタル

歯科とホメオパシー 歯科恐怖症(1)

今回は歯科恐怖症の方におすすめのツボ療法とフラワーレメディーのお話です。

ツボ療法は主に手、顔、後頭部のツボに電極をつけて低周波を通電する方法で、鍼をさすわけでもないので痛みもなく、笑気麻酔のようにガスを吸引するわけでもないので危険がほとんどなく身体にとても優しい方法です。

ツボを刺激することにより副交感神経が活性化するため気分が落ち着き、脈拍も落ち着きます。同時に痛みの閾値が上昇する為、注射液などの麻酔薬などを少なく出来るメリットもあります。

嘔吐反射がきつい方には、天突というツボを刺激すると反射が和らぎます。上記以外にもいろいろ応用範囲が広いので、歯科治療とツボ療法は非常に相性がいいのです。

また、バッジ博士のフラワーレメディーも安全な手法のひとつです。

この方法は精神的緊張が強い場合などにフラワーレメディーというリキッド(ハナのエネルギーを独自の方法で水に転写したもの)を数滴口にたらすだけの簡単な方法ですが、驚くほどの効果があります。またフラワーレメディーはもともとセルフケアのために開発されたものなので、一般の方でもわかりやすく、日常生活のいろいろな場面で役に立つことでしょう。

写真:歯科用パルサーでツボに低周波電流を流します写真:フラワーレメディー

目次